最近

近年、日本では節電を意識した生活をするようになってきています。
しかし、社会生活をする上でどうしても削れない電気があります。
夜間は照明を利用しなければどうする事もできませんし、街灯等も付けなければ危険です。
そこで次世代の照明器具として注目が集まっている物があります。
それがLEDです。…

詳細

このLEDとは、発光ダイオードと呼ばれている物で、英語ではLight Emitting Diodeと言います。
この頭文字を取った状態でLEDと言われているのです。
電球屋蛍光灯とは違い、これは半導体の1つとなっています。
名前を聞くようになったのは最近ですが、実はこれは1960年代から登場している物なのです。
赤色が最初に登場し、その後に黄緑が登場しました。早い段階からこれらの色は街中の照明等に利用されていました。
しかし、実際に家庭で利用するような状態にはまだまだ遠かったのです。その理由として、他の色は開発されているのにメインとなる光りの三原色が見つからなかったからなのです。…

特徴

未来の照明とも言われているLEDですが、この特徴には素晴らしい物がたくさんあります。
まず、寿命がこれまでの照明機材と比べて格段に長いと言う事があります。
なんと、蛍光灯と比べると4倍も長い事が確認されています。
また、LED単体で様々な色を出す事が出来る為に、これまでのような面倒な手間や大型の設備無しで簡単に色を変化させる事が出来ます。
つまり、室内用の照明を軽量化したりする場合にも使えると言う事です。…

発光効率

このLEDはこれまでの商品よりも発光効率が非常に良いのです。
しかし、LEDから放たれる光には指向性があり、これまでの電球のようにぼわっと周りを明るくしてくれると言うよりも、照明機材を装着している所から下向きに明るさを発生させます。
その為に、肉眼で確認するとこれまでの照明よりもやや暗いと感じてしまう人がおります。
このような特徴も、今現在進んでいるLEDの研究開発によってだいぶ改善されてきています。…